自己点検・評価%e8%87%aa%e5%b7%b1%e7%82%b9%e6%a4%9c%e3%83%bb%e8%a9%95%e4%be%a1

 

はじめに

 生物資源学専攻は、生物の優れた機能とそれを支える構造を科学的に解明する基礎研究の成果を基盤として、それらの成果を生物資源の生産・応用に活用し、新しい産業を創出するためのより高度な専門知識と技術を有する人材の輩出を目標としている。

生物資源を対象として、新たな成長産業を創生する観点から、応用生命科学コース、食料生物科学コース、生物生産科学コースの3コースは相互に連携した教育を行い、さらに異分野横断型の教育を行うため、教育クラスター科目として、他コース又は他専攻の専門科目を選択必修で履修する。
 また、本専攻では,本学が定める「教育、研究、社会貢献に関する理念・目標」に沿って、新しい生物生産システムの構築、1次産品の加工、製品開発・販売、機能食品の開発と産業化、また、バイオテクノロジーによるグリーン&ヘルスイノベーションに挑戦する進取の気風を持ち、生物資源の活用による地域経済の活性化、1次産業の成長産業化に貢献できる高度職業人を育成するため、生物資源学に関する高度な専門知識、6次産業化に必要な専門知識及び実践的能力を身につけるための教育課程を編成している。

ここに、本専攻の今年度の取組状況や教育効果の確認・評価を行って次年度のさらなる改善につなげ、本学部の目標達成に貢献することを目的として報告書を取りまとめた。

 

自己点検・評価の実施

徳島大学では、FD活動の一つとして、学生による授業評価アンケートを実施しており、得られた学生の意見は、授業へフィードバックされることで教育方法の改善、また学部等の自己点検・評価に役立てられている。

大学院創成科学研究科は、令和2年度に新設された大学院である。昨年度の自己点検・評価では、令和2年度前期に実施した本専攻における第1回のアンケート集計結果をもとに取組状況を確認したところ、いずれの項目も概ね高評価であり、設置後初の学期においては、学生の期待に応える授業を実施することができたと評価された。

 今年度は、昨年度と今年度のアンケート結果を比較・考察し、自己点検・評価を行った。

 

【授業評価アンケート結果の考察】

今回考察の対象としたアンケート集計結果を別紙に示す。

令和2年度の前期と後期の比較((b)-(a))においては、ほぼ全ての項目において、後期の評価が高くなっている。これは、本専攻1期生が、引き続き高い意欲を持って授業に望み、教員側も、それに応える適切な授業を実施することができたためと評価される。

 一方で、令和2年度前期と令和3年度前期の比較((c)-(a))及び令和2年度後期と令和3年度前期の比較((c)-(b))においては、ほぼ全ての項目において、評価が下がっている。この原因を検証するため、個々の授業科目の集計結果を検討したところ、令和3年度前期において、1年次開講科目に係る本アンケート回答数が、令和2年度前期における当該回答数と比べ、全体的に少なくなっていることがわかった。同一科目での比較では、令和2年度の半分程度のものや、回答数「1」という極端に少ないものも見受けられた。このことにより、評価結果が偏ったものになっている可能性がある。

 

【総括】

令和3年度前期の授業評価アンケートは、前年度の結果と比較検討を行うことができるほどの十分な回答数を得られていなかった。本アンケートについては、教務システムを通じて学生に周知し実施しているが、回答は任意であるため、回答率の低さが課題である。本アンケートを教育方法の改善に役立てるためには、有効な検討を行うことができる十分な回答数を確保する必要がある。授業科目によっては、前年度と同程度の回答数を得られているものもあるため、教員による授業での告知等も有効であると考えられる。

 令和4年度には、全学的に、本アンケートを含む教学アンケートの見直しが予定されているところであるが、本専攻においても、十分な回答を得られるよう、周知方法等を再検討する必要がある。

 

授業評価アンケート結果

 

設問内容

令和2年度

令和3年度

評価値の差

前期

a

後期

b

前期

c

(b)-(a)

(c)-(a)

(c)-(b)

受講態度

4.56

4.53

4.31

-0.03

-0.25

-0.22

予習/復習

4.33

4.33

3.76

0.00

-0.57

-0.57

授業の目的

4.51

4.54

4.27

0.03

-0.24

-0.27

授業内容

4.30

4.49

4.20

0.19

-0.10

-0.29

授業の進度

4.33

4.47

4.36

0.14

0.03

-0.11

授業の進め方

4.46

4.56

4.16

0.10

-0.30

-0.40

学生への対応

4.44

4.48

4.08

0.04

-0.36

-0.40

目標を達成

4.46

4.47

4.20

0.01

-0.26

-0.27

役立つか

4.49

4.60

4.07

0.11

-0.42

-0.53

授業環境

4.44

4.65

4.44

0.21

0.00

-0.21

総合的評価

4.46

4.50

4.29

0.04

-0.17

-0.21

  • 学内教職員専用サイト
  • 工学部100周年記念事業
  • 生物資源産業学部学部案内2022-2023
  • 卒業生の方へ
  • 夢ナビ
  • オリジナルグッズ販売中
  • 社会産業理工学研究交流会
  • 徳大生物しらさぎ会
  • JA徳島中央会
PAGE TOP