自己点検・評価self_inspection

体制・部局規則

生物資源産業学部自己点検・評価委員会規則 〈PDF〉

 

はじめに

 生物資源産業学部は、バイオテクノロジーを応用した生物資源の生産、また医薬や食品としての有効利用に関連する幅広い知識、国際的に通用する専門性、バイオ産業創出に必要な起業マインドをもった人材の育成を目的としている。

令和元年度に完成を迎えたことを機に、より教育効果を高め、専門性を重視したカリキュラムとするため、従前のカリキュラムの見直しを行った。これにより、教養教育科目と生物資源に関する基礎知識を学科共通科目によって学んだ上で、2年次からコースに配属し、学科共通の専門科目(生物資源の生産、食料・医薬への応用と生物資源の産業化に必要な経営・経済に関する専門科目)を学びながら、コースごとの体系的な科目履修によって専門性を深めるカリキュラムとなった。

令和3年度は改定後のカリキュラムによる初年度であり、今年度の取組状況や教育効果の確認・評価を行って次年度のさらなる改善につなげ、本学部の目標達成に貢献することを目的として報告書を取りまとめた。

 

自己点検・評価の実施

徳島大学では、FD活動の一つとして学生による授業評価アンケートを実施しており、得られた学生の意見は、授業へフィードバックされることで教育方法の改善、また学部等の自己点検・評価に役立てられている。

昨年度の自己点検・評価において、令和元年度と令和2年度前期の評価結果を比較したところ、ほぼ全ての項目について令和2年度が高評価となっていた。「自主的な学習時間」についても、他項目と比較すると低い値ではあるが、改善傾向が続いていた。しかし「教員とのコミュニケーション」についての評価は唯一下がっており、コロナ禍での遠隔授業が続く中においては、学生が教員とのコミュニケーションをとりやすい環境を作る点に課題があると考えられた。

今年度は、それらを踏まえて、昨年度と今年度のアンケート結果を比較・考察し、自己点検・評価を行った。

 

【授業評価アンケート結果の考察】

今回考察の対象としたアンケート集計結果を別紙に示す。

令和3年度前期は、令和2年度前期・後期のいずれと比較しても、概ね全ての項目において、高評価となっている。特に、「説明の仕方」、「聞き取れたか」、「板書の(遠隔授業の場合は提示された)字や図」及び「授業環境」の項目において、評価の上昇幅が大きいことから、コロナ禍における遠隔授業が、教員の工夫によって適切に実施されていることがわかる。

「自主的な学習時間」の項目は、これまで改善傾向が続いていたが、令和2年度前期と令和3年度前期の比較において、評価結果が下落している。また、令和2年度後期も低い値となっていた。コロナ禍が続くことで登校が制限され、学内スペースでの自主学習が難しくなる中、自宅での学習において減り張りをつけた自主学習の時間がとりにくくなっていることが考えられる。

 なお、アンケートの回答数は、令和2年度前期と令和3年度前期の比較において、全体的に減少傾向であった。

 

【総括】

 令和3年度は、令和2年度に引き続き、新型コロナウイルス感染症によりほぼ全ての授業が遠隔での実施となったが、令和3年度前期の評価結果は、前年度のものと比較して概ね高評価であり、各教員の授業改善に向けた取組の成果があがっていると評価される。

「自主的な学習時間」の確保に課題があるが、遠隔授業において、講義資料の提示・配付方法等の見直し等を行うことにより、学生の自宅学習への動機付けを促し、改善を目指す。

また、アンケート回答数が減少傾向にあることについては、学生への周知方法等の再検討が必要であると考えられる。

 

授業評価アンケート結果の比較

設問内容

令和2年度

令和3年度

評価値の差

前期

a

後期

b

前期

c

(c)-(a)

(c)-(b)

シラバスの明示

4.25

4.36

4.40

0.15

0.04

授業の分量

4.51

4.65

4.63

0.12

-0.02

授業のレベル

4.63

4.72

4.74

0.11

0.02

内容への興味

4.12

4.19

4.29

0.17

0.10

今後役立つか

4.35

4.39

4.45

0.10

0.06

教員の熱意

4.30

4.41

4.44

0.14

0.03

説明の仕方

4.06

4.24

4.28

0.22

0.04

授業の進度

4.65

4.71

4.74

0.09

0.03

聞き取れたか

4.17

4.37

4.41

0.24

0.04

板書の字や図

4.23

4.32

4.44

0.21

0.12

教科書や教材

4.25

4.42

4.41

0.16

-0.01

学生への応対

3.75

3.95

3.94

0.19

-0.01

授業環境

4.23

4.37

4.47

0.24

0.10

シラバス利用

3.58

3.77

3.75

0.17

-0.02

目的の理解

4.04

4.16

4.26

0.22

0.10

授業への出席

4.52

4.59

4.61

0.09

0.02

自主的な学習時間

3.28

2.77

3.02

-0.26

0.25

教員とのコミュニケーション

3.53

3.72

3.74

0.21

0.02

内容の理解

4.04

4.19

4.26

0.22

0.07

総合評価

4.08

4.25

4.31

0.23

0.06

                                                              

                                                                        →PDF(令和2年度)はこちら  

→PDF(令和元年度)はこちら

→PDF(平成30年度)はこちら

→PDF(平成29年度)はこちら

→PDF(平成28年度)はこちら

  • 学内教職員専用サイト
  • 工学部100周年記念事業
  • 生物資源産業学部学部案内2022-2023
  • 卒業生の方へ
  • 夢ナビ
  • オリジナルグッズ販売中
  • 社会産業理工学研究交流会
  • 徳大生物しらさぎ会
  • JA徳島中央会
PAGE TOP