学部長メッセージmessage

 生物資源産業学部(Faculty of Bioscience and Bioindustry)は平成28年に設立された徳島大学の中で最も新しい学部であり、ヘルスサイエンス・フードサイエンス・アグリサイエンスの広範なバイオ領域をカバーする応用生命・食料科学・生物生産システムの3コースから構成されています。また令和2年4月には応用生命科学・食料生物科学・生物生産科学の3コースからなる大学院・創成科学研究科・生物資源学専攻(修士課程)も設置され、さらに2年後の博士課程の設置に向けて、発展と進化を続けています。

 本学部は農学系学部ですが、研究成果を踏まえて新産業の創出を目指すという特徴を持っています。本学部では、農林畜水産資源、バイオマス、微生物や動植物の培養細胞などの様々な生物資源を利用した、効率的で安定した食料生産、高品質で付加価値の高い食品開発、次世代の医療技術や医薬品開発、クリーンエネルギーの創成などの、社会を支える重要な産業分野に役立つ研究やそれらに根ざし新たな産業の創出を目指す研究を推進しています。そしてそれらの産業を担い、自然と共生し持続可能な社会の発展に貢献できる人材の育成のため、学部では総合的な人間力を養う教養教育に加えて生物学やバイオテクノロジーなどの生命科学の基礎教育を行い、さらに生物資源を利用するための様々な技術教育や研究で得られる成果や産物の製品化・ビジネス化に必要となる経済学・経営学・知的財産に関する教育など、様々な専門教育を行います。また大学院では、研究実践を通して専門性を深める教育に加え、他専攻の科目も取り入れた異分野横断的な見識を広める教育も行います。

 生物資源は再生と増幅が可能な資源であり、しかもまだ未知の機能や多くの未利用の有用成分を含んでいることが期待される、大きな可能性を持った資源です。従って今世紀においては、鉱物や化石燃料などの埋蔵資源に恵まれた国だけではなく、大地や海洋から得られる様々な生物資源を産業に活用できる多くの有能な人材を育てた国も資源大国と言えるでしょう。私達は研究と人材の育成を通して我が国の資源大国としての発展、そして自然と調和した豊かな人間社会の発展に貢献したいと考えています。目覚ましく進化するバイオ技術や生物資源の可能性に夢を抱く皆さんには、ぜひ本学部において最先端のヘルスサイエンス・フードサイエンス・アグリサイエンスを学ばれ、それぞれの領域で我が国の産業を牽引する有用な人材に育って頂きたいと思います。私達、教職員は全力で皆さんの夢を応援致します。

徳島大学生物資源産業学部長

  • 学内教職員専用サイト
  • 食プロ2016 レベル13
  • 生物資源産業学部学部案内2020-2021
  • 卒業生の方へ
  • 夢ナビ
  • オリジナルグッズ販売中
  • 社会産業理工学研究交流会
  • 徳大生物しらさぎ会
  • JA徳島中央会
PAGE TOP