【報道発表】植物のDNAを生きたまま観察できる手法を開発~ゲノム編集のハサミをランプに替えることで作物のゲノム育種に貢献~

2016年10月11日

【報道発表】植物のDNAを生きたまま観察できる手法を開発~ゲノム編集のハサミをランプに替えることで作物のゲノム育種に貢献~(429KB) 〈PDF〉

 

〈本研究内容に関するお問合わせ先〉

・東京理科大学 理工学部 応用生物科学科 教授 松永 幸大
・名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所 (ITbM)分子構造センター 特任助教 桑田 啓子
・徳島大学 生物資源産業学部 教授 刑部 敬史

 

〈当プレスリリースの担当事務局〉

・東京理科大学 研究戦略・産学連携センター(URAセンター)

 
  • 学内教職員専用サイト
  • 食プロ2016 レベル13
  • 生物資源産業学部学部案内2020-2021
  • 卒業生の方へ
  • 夢ナビ
  • オリジナルグッズ販売中
  • 社会産業理工学研究交流会
  • 徳大生物しらさぎ会
  • JA徳島中央会
PAGE TOP