生物資源学専攻の学生が第36回九州コロイドコロキウムにおいて「優秀ポスター賞」を受賞しました。

2022年9月12日

 徳島大学大学院創成科学研究科生物資源学専攻1年の梶浦可菜さん(応用生命科学コース、松木研究室)が、第36回九州コロイドコロキウム(日本化学会コロイドおよび界面化学部会九州支部主催)において「優秀ポスター賞」を受賞いたしました。当該学会は中国四国九州地区から60名程のコロイドおよび界面化学分野の参加者が集い、2022年8月31日にZoomミーティングで開催されたものです。梶浦さんは、オンライン投票による選考で最多投票を獲得し、優れたポスター発表を行った、と認められました。

 

 <受賞題目> 「酸性リン脂質ホスファチジン酸の二重膜相転移:荷電頭部サイズの効果」
 <参考URL>  https://sites.google.com/view/dcsckbkcc2022/
  受賞日:2022年8月31日

  • 学内教職員専用サイト
  • 工学部100周年記念事業
  • 生物資源産業学部学部案内2022-2023
  • 卒業生の方へ
  • 夢ナビ
  • オリジナルグッズ販売中
  • 社会産業理工学研究交流会
  • 徳大生物しらさぎ会
  • JA徳島中央会
PAGE TOP