生物資源学専攻修士課程及び生物資源産業学部の学生が食の6次産業化 プロデューサーのレベル3に認定されました

2021年2月10日

 生物資源学専攻修士課程1年生平田結風さんと生物資源産業学部4年生松下美澄さんの2名が食の6次産業化プロデューサーのレベル3に令和2年12月17日に認定されました。

     

    平田 結風さん(副指導教員の鬼塚先生と)   松下美澄さん(指導教員の金丸先生と)

【食の6次産業化プロデューサー(食Pro)について】

 6次産業化とは、1次産業(生産)・2次産業(加工)・3次産業(流通・販売・サービス)の各産業の一体化や連携のことであり、この6次産業化を担う人材の認定・育成を目的としている資格が食Proです。

 生産(1次産業)、加工(2次産業)、流通・販売・サービス(3次産業)の一体化や連携により、地域の農林水産物を活用した加工品の開発、消費者への直接販売、レストランの展開など、食分野で新たなビジネスを創出するための職能レベルを6段階で認定しています。

 エントリーレベルの1からトップ・プロのレベル6まで設定されていますが、レベル3は、指示等がなくとも、一人前の仕事ができる段階として設定されています。

 本学部でレベル3を認定したのは初めてとなります。

 食の6次産業化プロデューサーの詳細については下記URLをご覧ください。

https://www.6ji-biz.org/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 学内教職員専用サイト
  • 食プロ2016 レベル13
  • 生物資源産業学部学部案内2020-2021
  • 卒業生の方へ
  • 夢ナビ
  • オリジナルグッズ販売中
  • 社会産業理工学研究交流会
  • 徳大生物しらさぎ会
  • JA徳島中央会
PAGE TOP