カリキュラムの特長curriculum

 教養教育科目と生物資源に関する基礎知識を学科共通科目によって学んだ上で、2年次からコースに配属し、学科共通の専門科目(生物資源の生産、食料・医薬への応用と生物資源の産業化に必要な経営・経済に関する専門科目)を学びながら、コースごとの体系的な科目履修によって専門性を深めます。

教育指導体制図20160613

 

  • 2年次にコースを選択するので、余裕を持って専門分野を選択でき、就職、進学先も広範囲に選択することができます。
  • コースに関係なく卒業研究も自由に選択できるカリキュラムになっているため、専門性を維持しながら、分野横断的に幅広い知識を修得できます。

カリキュラムポリシーをみる

  • 学内教職員専用サイト
  • 食プロ2016 レベル13
  • 生物資源産業学部学部案内2016-2017
  • オリジナルグッズ販売中
  • エンジニアリングフェスティバル
PAGE TOP