学部案内about

学部理念

1次産業、食料、生命科学に関する幅広い知識と、生物資源の製品化、
産業化に応用できる知識と技術を有し、国際的視野に立って、
生物資源を活用した新たな産業の創出に貢献できる人材を育成します。

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

本学部では、バイオテクノロジーを応用した生物資源の生産、医薬、食品としての有効利用に関連する幅広い知識、国際的に通用する専門性、バイオ産業創出に必要な起業マインドを持った人材の育成を目的としています。
そのため,生物資源産業学部では,次のような人物を求めています。

  • 関心・意欲・態度

    関心・意欲・態度

    バイオテクノロジー、生命、医療、食料、農業、環境に強い関心と学びに対する意欲があり、自分で明確な目標をもっている人

  • 探究力

    探究力

    自分が関心を持ったことを
    深く掘り下げようとする人

  • 表現力

    表現力

    自分が伝えたいことを相手に表現できる人

  • 知識・教養

    知識・教養

    本学部の専門分野を学ぶために、高等学校等で
    修得すべき理科系・文科系にわたる
    知識・教養をもつ人

  • 思考・判断力

    思考・判断力

    今までの知識・教養をもとに思考を深めて
    適切に判断できる人

  • 協働力

    協働力

    問題解決のために、国籍や世代、
    考え方にとらわれることなく、
    対等の立場で協力できる人

※高等学校等で修得すべき具体的な内容

理科
「化学,化学基礎」「生物,生物基礎」「物理,物理基礎」から2科目以上に渡る内容の理解と,自然環境で起こっている現象やその問題解決に必要な知識・教養。特に,入学後の学修に備えるため,化学に関する科目は実験データの解析力などを踏まえて,着実な修得をはかること。
数学
「数学Ⅰ」「数学Ⅱ」「数学A」「数学B」における内容の理解と応用力
英語
国際的な専門分野を学ぶために必要な読解力と基礎的な運用能力
国語
様々な文献の読解力と,自分が伝えたいことを表現できる基礎的な文章力
地歴・公民
地歴・公民における基礎的内容の理解
  • 学内教職員専用サイト
  • 食プロ2016 レベル13
  • 生物資源産業学部学部案内2016-2017
  • オリジナルグッズ販売中
  • 社会産業理工学研究交流会
PAGE TOP